日本災害時公衆衛生歯科研究会について


目的

 災害時に歯科口腔保健に必要な危機管理機能を発揮するための具体的な方策や技術等について検討し、必要な場所に、必要な時に、必要な歯科口腔支援を届けるため、具体的・実践的な社会提言を行う。
 ”個人が集まり、よりよい災害時公衆衛生歯科のための提言を出し、それを広めるための研修ツールの開発や研修指導を行う”ための研究会と位置付け、「歯科保健」に軸足を置いて検討していく。
 意義や目的として、下記などがあげられる。
 1)災害時の歯科保健の標準化などの提案を出していくシンクタンク
 2)災害時の多職種連携での対応のあり方を探り体制を構築していく実行部隊
 3)研修の題材やスタイルを作成し、それを試行し完成させていく場
 4)必要あれば出張研修の依頼を受ける母体


設立の経緯

 災害医療に係わる保健所機能の強化が検討されていることを受け、第31回地域歯科保健研究会(平成25年7月27日、盛岡)にて「災害時口腔保健アセスメントの標準化について」が問題提起された。その後、「災害時公衆衛生歯科機能について考えるワークショップ(盛岡ワークショップ)」(平成25年7月 28日、盛岡)および「災害時公衆衛生歯科機能について考えるワークショップ(続・盛岡ワークショップ)」(平成25年9月28日、横浜)が開催され、 「災害時公衆衛生歯科機能について考える会」が発足した。平成27年4月に、「~考える会」が「日本災害公衆衛生歯科研究会:Japanese Society for Disaster Public Health Dentistry(JSDPHD)」と名称を改称し設立された。

【活動記録の詳細】



運営規則

 日本災害時公衆衛生歯科研究会は、下記の運営規則を設けている。

【日本災害時公衆衛生研究会運営規則(平成30年10月15日改訂)】



スタッフ

【世話人】
  北原 稔,歯科医師,神奈川県
  森谷俊樹,歯科医師,岩手県 宮古保健所
  中久木康一,歯科医師,東京医科歯科大学顎顔面外科学

【顧問】
  秋野憲一,歯科医師,札幌市 保健福祉局保健所
  足立了平,歯科医師,神戸常盤大学短期大学部口腔保健学科
  安藤雄一,歯科医師,国立保健医療科学院
  遠藤浩正,歯科医師,埼玉県 東松山保健所
  久保山裕子,歯科衛生士,福岡県歯科衛生士会
  小玉 剛,歯科医師,日本歯科医師会
  小嶺祐子,歯科医師,行政機関
  大黒英貴,歯科医師,岩手県歯科医師会
  田中 彰,歯科医師,日本歯科大学新潟生命歯学部口腔外科学講座
  長 優子,歯科衛生士,東京都江戸川区、全国行政歯科技術職連絡会(行歯会)
  三澤洋子,歯科衛生士,日本歯科衛生士会 地域歯科保健委員会
  (五十音順) 

【運営委員】
  相田 潤,歯科医師,東北大学大学院歯学研究科国際歯科保健学分野
  太田秀人,歯科医師,福岡県歯科医師会
  門井謙典,歯科医師,兵庫医科大学歯科口腔外科学講座
  財津 崇,歯科医師,東京医科歯科大学健康推進歯学
  坂田千穂,歯科衛生士,自治体
  下坂桃子,歯科衛生士,九州歯科大学附属病院歯科衛生室
  種村 崇,歯科医師,静岡県 健康福祉部健康増進課
  田村光平,歯科医師,東京都 多摩小平保健所
  中條和子,歯科医師,神奈川県
  服部 清,歯科医師,日本障害者歯科学会 災害支援委員会
  渕田慎也,歯科医師,神奈川歯科大学口腔科学講座社会歯科学分野
  古川清香,歯科医師,神奈川県
  安福美昭,歯科医師,滋賀県長浜市中之郷歯科診療所
  柳澤智仁,歯科医師,東京都 多摩立川保健所
  吉田有里,歯科医師,岩手県 保健福祉部健康国保課
  (五十音順)
[平成30年10月15日現在]


その他